Cuarteto Casals

カザルス弦楽四重奏団

 ロンドン国際&ブラームス国際コンクール優勝。スペインが誇る実力派カルテット!

【プロフィール】

カザルス弦楽四重奏団  Cuarteto Casals

ヴェラ・マルティネス・メーナー(ヴァイオリン)
VERA MARTÍNEZ MEHNER, violin
アベル・トーマス(ヴァイオリン)
ABEL TOMÀS, violin
ジョナサン・ブラウン(ヴィオラ)
JONATHAN BROWN, viola
アルナウ・ト-マス(チェロ)
ARNAU TOMÀS, cello

1997年マドリッドで結成。2000年ロンドン(現ウィグモアホール)国際弦楽四重奏コンクール優勝(ユーディ・メニューイン賞)、2002年ハンブルグのブラームス国際弦楽四重奏コンクール優勝を始めとする数々の国際コンクールで最高賞に輝き、カザルス弦楽四重奏団はヨーロッパで最も注目を浴びる弦楽四重奏団として実力を認められることになった。その演奏は世界各地で絶賛され、これまで、ロンドンのウィグモア・ホールやバービカン・センター、アムステルダムのコンセルトヘボウ、ニューヨークのカーネギーホールやリンカーンセンター、ベルリンのフィルハーモニーホール、ウィーンの楽友協会など、世界の音楽の殿堂に頻繁に招かれており、ヨーロッパ各国、アメリカ、南米、中国への演奏旅行、ザルツブルク音楽祭、クフモ室内楽音楽祭はじめ、ヨーロッパ各地の著名な音楽祭へ参加するなど多忙を極めている。スペインが生んだカルテットとして初の国際的名声を確立した功績が認められ、2005年バルセロナ市賞を受賞、06年にはスペインの音楽家にとって最も栄誉ある国民音楽賞を受賞した。また、マドリッドの王宮で、スペイン王室のために製作された貴重なコレクションである名器ストラディヴァリウスのセットを使用した演奏会に定期的に出演する特権を持っている。スペインのモーツァルトと称される夭逝の作曲家アリアーガの弦楽四重奏曲全曲のデビューCD(ハルモニア・ムンディ)を2003年にリリースし、仏ディアパゾン誌4つ星等各誌で絶賛された。以降、アルバムを続々リリース。2020年に完結した「ベートーヴェン弦楽四重奏曲全集」ボックスCD、21年のモーツァルト「ハイドン・セット」など、既に16タイトルのCDセットをリリースしている。またヨーロッパの重要な現代作曲家たちとの共同の仕事にも積極的に取り組み、多くの作品の初演や初録音をしている。同カルテットは、アルバン・ベルク弦楽四重奏団、ヴァルター・レヴィン(ラサール弦楽四重奏団)、ライナー・シュミット(ハーゲン弦楽四重奏団)、ヴェロニカ・ハーゲン(ハーゲン弦楽四重奏団)、ハラルド・シェーネヴェーグ(ケルビーニ弦楽四重奏団)等のもとで研鑽を積み、彼らから多くの影響を受けている。2007年初来日。以降2009年、2011年、2014年、2019年に日本ツアーを行った。2018年6月「サントリーホール・チェンバーミュージック・ガーデン2018」に招かれ、ベートーヴェン・チクルス(全6回)を行い絶賛を博した。2020年9月より「バルセロナ弦楽四重奏ビエンナーレ」の芸術監督も務めている。2022-2023シーズンに結成25周年を迎える。

カザルス弦楽四重奏団 オフィシャル・サイト

【招聘期間】

■2023年度
2023年11月2日~11月5日予定 

■2019年度
2019年10月24日~10月27日 ※終了しました 

【掲載情報】

「Mikiki」2020年1/24掲載 ~インタビュー
「音楽の友」2020年1月号(12/18発売) インタビュー
「intoxicate」2019年12月号(12/10発行) ~インタビュー
「ぶらあぼ」2019年10月号(9/18発行) ~公演紹介記事