XuKe, Super Virtuoso Erhu Player

   スーパー二胡・許可(シュイ・クゥ)

真のスーパー・ヴィルトゥオーゾ、“二胡のパガニーニが魅せる華麗なる超絶技巧!

【プロフィール】

   

許可(シュイ・クゥ):二胡奏者
XuKe, Super Virtuoso Erhu Player

中国・南京生まれ。1982年中国国立中央音楽学院卒業の翌年、国立中央民族楽団の首席二胡奏者(コンサートマスター)に抜擢されるなど早くから第一線で活躍、クラシックやジャズの奏法の研究と楽器にも独自の改良を重ね、二胡の可能性を飛躍的に拡げ、二胡演奏の第一人者、ジャンルを超えた世界的アーティストとしての地位を確立している。アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界各地へ頻繁に招かれ、カーネギーホール、ベルリン・フィルハーモニーなど世界の音楽の殿堂での公演を成功させている。日本では、指揮者/作曲家・外山雄三氏より作品の献呈を受け初演するなどオーケストラとの共演も数多く、これまで日フィル、東響、東フィル、新日フィル、東京シティ・フィル、名フィル、仙台フィル、神奈川フィル等と共演している。また、人気歌手ユーミンとの共演で愛知万博やNHK紅白歌合戦に出演するなどユニークな活動も多く、フジテレビ「ミュージックフェア」「FNS音楽特別番組」、テレビ朝日「徹子の部屋」「題名のない音楽会」、テレビ東京「タモリの音楽は世界だ」等々、日本のテレビ番組にもたびたび登場し、明るく親しみやすいキャラクターが人気を呼んでいる。2000年より、ヨーヨー・マの「シルクロード・プロジェクト」に参加、翌年のアジア・ツアーでは、台湾国立劇場におけるヨーヨー・マとの二重奏が台湾国営テレビで放送された。2008年ベルリン・フィルハーモニー主催室内楽シリーズにてベルリン・フィル弦楽五重奏団と共演、同団の日本公演にもソリストとして参加。2009年チェコ・フィルハーモニー八重奏団との共演で世界遺産・上賀茂神社(京都)で演奏。2011年にはベルリン・フィル弦楽五重奏団との共演で北京&上海公演を成功させた。2012年上海ジャズフェスティバルの音楽監督に就任しヴァイオリンの鬼才ロビー・ラカトシュと共演。2016年「徹子の部屋クラシック」に出演するなど多彩な活動を行っている。すでに20枚を超えるCD2枚のDVDをリリースしている。北京中央音楽院客員教授。上海音楽院員教授。

●許可(シュイ・クゥ)オフィシャルサイト