Prague Baroque Ensemble

プラハ・バロック合奏団

”きよしこの夜~クリスマス名曲の贈り物”
 

【プロフィール】

プラハ・バロック合奏団
Prague Baroque Ensemble

チェコの優れた音楽家たちの才能を結集し、1982年に結成された正統派バロック・アンサンブル。ヴォーイチェフ・ヨウザ(オーボエ)が芸術監督を務める。このアンサンブルは、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとするチェコの代表的オーケストラのメンバーで構成されている。 表現力豊かな現代の楽器を用いて、バロック奏法による意欲的で緻密な楽曲解釈の研究に熱心に取り組んでおり、そのレパートリーは室内ソナタをはじめ、より大きな編成の合奏協奏曲や組曲、バッハほかの宗教・世俗カンタータなどにも及ぶ。1993年には、バロック時代を代表するボヘミア出身の作曲家J.D.ゼレンカのソナタ全集を録音。 チェコ放送局による「ゼレンカ没後250年記念~ゼレンカへのオマージュ」と題するコンサート・シリーズで数々のゼレンカ作品を演奏。チェコ・ラジオ放送局やチェコ・テレビ局と共同で様々なプロジェクトに取り組むほか、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・シリーズにも参加している。2001年初来日。毎年恒例となった日本各地でのクリスマス公演は好評を博している。

◎編成(10名):
オーボエ2名/ファゴット1名/ヴァイオリン3名/ヴィオラ/チェロ/コントラバス/チェンバロ

【招聘期間】

■2017年度
2017年12月9日~12月17日予定

■2018年度
2018年12月8日~12月16日予定  

【プログラム】

バロック&クリスマス名曲集